(株)アール・シー・シー

JR田端駅 北口徒歩2分

RCCドラム教室

東京都北区田端6-3-20 ビラカミムラ1階 

Tel : 03-3822-4170 

Fax : 03-3822-7945

© 2019 RCC DRUM SCHOOL All right reserved.

ドラムヘッド

国産メーカー

アサプラ

猪俣猛ホームページ

音楽・楽器の事は

リットーミュージック

ドラム専門誌

ドラムマガジン

岡山のドラム教室なら

ホットハーツ

音楽教室検索サイト

ドラム

折り畳める超軽量ドラム

Foldrum

音楽スタジオ

スカウト

※「猪俣猛」をクリックでHPに飛びます

校長 猪俣猛について

オーボエ奏者の父を持ち、恵まれた音楽環境で育つ。16歳でデビューし、20歳で上京。

21歳でスイングジャーナル誌の新人賞に輝き、「渡辺晋とシックス・ジョーズ」を経て、名門「西條孝之介とウエストライナーズ」に参加し、後にリーダーとなって名声を轟かせる。前田憲男、荒川康男とのコンビもこの時期に生まれ、名実ともに日本を代表するトリオとして現在に至る。
教育面での活動も盛んで、1976年にはドラムを通じて音楽の素晴らしさを教える「リズム・クリニック・センター(RCC)」を設立。

 

1991年、音楽生活40周年を迎え、Bunkamuraオーチャードホールを皮切りに全国縦断コンサートを行う。常に豊富なアイディアの持ち主であり、バイタリティあふれる企画の数々も好評を得ている。

 

1994年、「サンクス・トゥ・アメリカ」と題し、「ジャパン・ジャスト・ジャズ・オールスターズ」を率いてニューヨーク公演を行い、カーネギーホール、アポロシアターなどで大喝采を浴び、日本のジャズが高く評価された。

 

1995年度、スイングジャーナル社より、ジャズ界で個人に与える最高の栄誉「南里文雄賞」を受賞する。

 

1997年、21世紀へ向けてシンフォニック・ジャズ・オーケストラを結成し、Bunkamura オーチャードホールにおいてコンサートを行った。

 

同1997年より、飛鳥ワールドクルーズに猪俣猛カルテットで連続乗船。

 

1996年より、前田憲男氏を音楽監督にビッグバンド「THE KING」を結成。2000年までの4年間、浜離宮朝日ホールに於いて朝日新聞社主催「キング・オブ・ジャズ−21世紀へ贈る」シリーズをプロデュースし、日本ジャズ史に残るコンサートを全20回に渡り行い貴重な映像を記録。

 

2000年、朝日新聞社主催による音楽生活50周年記念コンサート「リズム&ジャズ」が行われた。

 

2001年〜2004年、銀座王子ホールに於いて、前田憲男(p)、荒川康男(b)とのシリーズコンサート「Golden Trio WE3」を行う。

 

2005年、音楽生活55周年として朝日新聞社主催の「アルがままにイノままに」が開催された。

 

2009年、サントリーホールにてRCC主催・音楽生活60周年コンサート「I LOVE MUSIC」を開催。

 

2010年より、成城ホールにてジャズフェスティバル「JAZZ in SEIJO」をプロデュース。

 

2011年より、流山ジャズフェスティバル「JAZZ in NAGAREYAMA」の総合プロデューサーを務める。

 

2012年、音楽監督を務める国分寺市立いずみホールにて東日本大震災復興支援コンサート「Sing Swing Sing」開催。

2017年、文化庁長官表彰授与。

わが国のモダンジャズドラマーの先駆者として、また、吹奏楽をはじめとするアマチュア音楽教育の面で輝かしいキャリアの持ち主であり、国内外で注目を集めている。


(株)アール・シー・シー代表取締役 、NHK文化センター『猪俣猛ドラム教室』監修、 ヤマハ契約モニター、ジルジャン契約モニター、ヴィックファース契約モニターを務める。


<関わった市民芸術活動>
石川県 金沢市民芸術村 音楽アドバイザー
愛媛県 今治市・今治ジャズタウン プロデューサー
東京都 世田谷区・成城ホールジャズフェスティバル 総合プロデューサー
東京都 国分寺市・国分寺市立いずみホール 音楽監督
千葉県 流山市・流山ジャズフェスティバル 総合プロデューサー


著書「カーネギーへの道」(1996年)